追悼 パワーハウス・アミューズ代表 田名邊秀樹さん





(株)パワーハウス・アミューズ代表の田名邊秀樹(たなべひでき)さんが、9月21日にお亡くなりになりました。

「ちょっとね、身体の調子が悪くってさ」なんて言いつつも、出来たばかりのコンピュータを装着したR35GT-RでFSWを走っていたパワーハウス・アミューズの田名邊さん。まだ気温の低い2月19日のことだったので、記録更新を狙って何度もアタックをかけていた。その様子を私はビデオに収録して、GTR-WORLD.netで公開した。
その後、3月上旬にも私は、アミューズに出向き、打ち合わせがてら一緒に昼食を食べた。「R35GT-Rは、本当はそんなに興味がなかったんだけど、乗ってみるとこれがおもしろいの! それでパーツを開発しようと思ったのね」と、パーツ開発の構想をあれこれ楽しそうに語り、「そういえば、杉ちゃんのサイト毎日見てるよ。どんどん充実してきたね。うちのももっと取り上げてよ」とヨイショもしてもらった。
いつものようにファミレスで2人前注文してしっかり食べていた田名邊さんだったので、その時はそんなに具合が悪いとは思ってもみなかった。ニコニコしながら夢を熱く語り、大好きなクルマの話を延々としていた人が、実は2年半も前から病魔と闘っていたと、通夜の席で聞いた。そして、7月に入院してからも様々なパーツの構想を練っていたと。
ひょっとして、2月の時点で田名邊さんは自分に残された時間が少ないことを知っていたのではないか…。そう思うといたたまれない気持ちになる。だからこそ、R35GT-Rの開発を急ぎ、タイムを出すことにあんなに執着していたのか。
なんと意思の強い人なのか…。天国でゆっくり休んでください。
パワーハウス・アミューズは、田名邊さんの遺志を継ぎ会社を継続することを決定。田名邊さんの熱いDNAを注入された社員の皆さんが、一丸となって社業に邁進するという。さらなる発展をお祈りいたします。

「もしもし~、田名邊ですう!」今でも、そう電話がかかってきそうで、携帯電話のメモリーから田名邊さんの電話番号を削除できないでいる。

GTR-WORLD.net 杉野勝秀