事前説明会
とにかく話題の新型GT-R。別に買う気がなくても、いや買えないのは分かっちゃいるがやっぱり気になるんです、メカニズム・オタクとしては。どんなメカが搭載されているのか?あそこはどうなっているのか?ホントに凄いのか?メーカーは「チューニングする必要がない」などと言っているが、仮に買えたらチューニングしたくなるのがクルマオタクの本音です。

で、潜入してきました。発表前夜の10月23日、お台場で行われた事前説明会に。場所はなんと地下駐車場。無機質な非常階段を降りてゆくと、そこには見事な特設のプレゼンテーション会場が造られていました。まるでショッカーの秘密基地のような会場は、ある意味GT-Rに相応しい何とも怪しげな雰囲気を漂わせていたのです。
事前説明会
まずは、開発責任者の水野和敏氏の詳細な解説。それは見事なプレゼンテーションでした。そして開発スタッフの紹介。
その特設ステージの奥には、GT-Rに搭載されている個々の技術の紹介を実物を交えて説明するブースが。それはさながら小さな見本市会場のようでした。

今回は、その中から特に注目した技術をピックアップ。GTR-WORLD.net的視点から解説してみました。
「チューニングする必要はない」など大きなお世話だ!と言う前に、まずはご一読あれ。

第一弾は驚きのホワイトボディー、第二弾はここまでやったか、フロントセクションから。