道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の一部が改正され、自動車等のマフラー(消音器)への騒音対策が強化されました。

現在の騒音基準は近接騒音のみです。
今回の変更では、2010年4月以降に初年度登録する車両については、近接騒音に加え、新たに加速騒音が規制されることになりました(同時に、テールパイプから装着する取り外し可能なサブマフラーも規制されます)。

概要はコチラ

つまり、来年の4月以降に購入・登録したR35やZ34は、この新基準が適用されることになるのです。

緑整備センターでは、この新基準に合致した静かで性能も確保できる『サイレントハイパワーNRマフラー』を開発いたしました。本来なら、R35やZ34などの新車だけに新基準に適用させれば良いのですが、静かなスポーツマフラーを望む声に応えてR32以降の第2世代GT-Rもラインナップに加えました。

今回、緑整備センターでは『サイレントハイパワーNRマフラー』の騒音試験をJARI(日本自動車研究所)で行い、無事、騒音試験をクリヤいたしました。JARIでは、騒音試験に合格したマフラーをホームページ上で公開しております。

■JARIホームページ
■性能等確認済表示の公表

現在、この試験に合格しているのはワークス各社(TRD,オーテックジャパン,STI,無限,ラリーアート)の他、HKSと藤壺のみで弊社製品がそれに続く快挙となっております。

静かなスポーツマフラーをお望みの方に是非とも、おすすめしたい『サイレントハイパワーNRマフラー』です。