1970年10月、スカイラインにハードトップ(HT)が追加されたのを機に、スカイラインGT-RもボディをHTに変更。ホイールベースを70mm短縮。運動性能が向上し、レース仕様車にも好影響をもたらした。S20型エンジンに変更はないものの、レギュラーガソリン仕様も設定された。性能はハイオク仕様の160ps/7000rpm、18.0kgm/5600prmに対し、レギュラー仕様は圧縮比を下げ155ps/7000rpm、 17.6kgm/5600rpmとなっている。燃料タンク容量は、4ドアと変わらず100リットル。また車両重量が20kg軽減されたので動力性能は向上した。最高速度は4ドア同様、200km/h(レギュラー仕様195 km/h)と発表されている。ワイドタイヤ装着のため、標準車のリヤフェンダーの「サーフィンライン」をカットし、オーバーフェンダーを装着したのがハードトップKPGC10 GT-Rの外観上の特徴である。市販車の総生産台数は1197台。