2008年6月23日
日産自動車株式会社
ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社

NISSAN GT-Rが1-2フィニッシュで今季3勝目
-- SUPER GT第4戦レースレポート --


6月22日 セパン・インターナショナル・サーキット(マレーシア)
6 月22日(日)にマレーシア・クアラルンプール近郊のセパン・インターナショナルサーキット(全長5.542km)にてSUPER GT第4戦の決勝レースが行われ、予選4位からスタートした「WOODONE ADVAN Clarion GT-R」(#24 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ、荒聖治)が優勝。2位には、ポールポジションからスタートした「MOTUL AUTECH GT-R」(#22 ミハエル・クルム/柳田真孝)が入り、NISSAN GT-Rが1-2フィニッシュを飾った。NISSAN GT-Rは今季4戦中3勝目。KONDOレーシングは前年のフェアレディZに続き、セパン戦2連勝となった。


同レースは、例年は高温多湿のレースとして知られるが、今年は決勝レーススタート時刻の午後4時時点で気温30度、路面温度39度と比較的穏やかであった。ポールポジションからスタートした#24 「MOTUL AUTECH GT-R」は、ミハエル・クルムが前半のパートを担当し、序盤から終始レースをリードした。24周目にピットインすると、柳田真孝にドライバー交代。給油とタイヤを4本交換したにも関わらず、2位でピットインした#1 NSXより1秒早くピットアウトした。しかし、その後、#1 NSXに激しく追い上げられ、29周目にサイドバイサイドで競いあった際に#1 NSXにボディサイドを押される形でスピン。暫定的に2位となるが、その後#1 NSXにドライブスルーペナルティが科せられて再び#24 GT-Rは首位に戻った。
しかし、前年もここセパンで優勝しているKONDOレーシングの「WOODONE ADVAN Clarion GT-R」もスタート直後から3位にポジションを上げ、#1 NSXがペナルティで後退したあとは2位のポジションを確保した。さらに後半のパートを受け持った荒聖治は、先頭を走る#24 GT-Rの背後にまで迫り、先行のチャンスを伺った。そして、両車ともタイヤの摩耗が限界に近づいた終盤、50周目に一瞬の隙をついて荒が逆転に成功。そのまま逃げ切って今季初優勝を遂げた。

100kgのハンディウェイトと75kg分のエアリストリクター小径化が課せられている「XANAVI NISMO GT-R」(#23 本山哲/ブノワ・トレルイエ)組は、今回も予選から本来のパフォーマンスが発揮できずに苦しんだ。予選15位の位置からブノワ・トレルイエがレースをスタートして淡々と周回を重ね、後半は本山哲が受け持って先行車を追ったが上位進出は叶わず。13位となってレースをフィニッシュした。#12「カルソニックIMPUL GT-R」は、セバスチャン・フィリップがスタートを担当。オープニングラップで#32 NSXと接触してスピンした。これによってエンジンルーム内に異常が発生し、ピットインして修理したためタイムロスし後退した。後半は松田次生が運転し、 14位でゴール。#3 「YellowHat YMS TOMICA GT-R」(ロニー・クインタレッリ/横溝直輝)は、予選9位からスタートし、他車と絡むなどしたが9位でゴールした。

【KONDOレーシング近藤真彦監督のコメント】
「とても信じられない気分です。昨年優勝したときは、ラッキーだったと言われました。しかし、今年は完全に実力で勝負し、勝つことができました。ドライバー達のファイトとチーム全員の努力のおかげだと思います。本当に嬉しいです。ありがとうございました」

【ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラのコメント】
「今は本当にファンタスティックな気持ちです。去年は14位から追い上げる形ながら楽にポジションを上げられましたが、今年はクルマの性能差が少なく難しいレースでした。この厳しいレースで勝ててとてもうれしい」

【荒聖治のコメント】
「今回の僕たちのクルマは、重量的にもGT-R本来のパフォーマンスが出せたと思います。余裕を持ってトップのGT-Rのうしろにつけることができたので、一瞬の隙を見計らってそれに反応することができました」