日産自動車は、2009年モデルから日産GT-Rの北米での価格を変更すると発表した。
2009年モデルのメーカー小売希望価格はGT-RがUS$76,840、GT-R PremiumがUS$79,090となる。
この価格は9月5日以降の受注分に適用される。
価格変更前の価格はGT-RがUS$69,850、GT-R PremiumがUS$71,900だったことから、それぞれ10%の値上げを行ったことになる。
2008年2月からスタートしたプレオーダー以降、初年度の北米割り当て分の約70%を販売し、9月には421台の受注があった模様だ。

5月にC・ゴーン社長が原材料高騰を理由に日産車の値上げを表明。実際、10月1日に商用車を1~3%値上げした。経済情勢を考えると、乗用車の日本国内モデルにも同様の価格調整がとても近いうちに行われる可能性が高い。
仮に北米と同様の10%の値上げを行うとすると、GT-Rは¥8,547,000、GT-R Premium Editionは¥9,182,250となる。
約70万円~80万円の値上げ幅となると考えられるので、GT-Rの購入を検討している方は、早めにNHPCの信頼できるセールスに相談した方がよさそうだ。