株式会社アブフラッグ スタジオミューレ(本社・静岡県御殿場市)は、2009年のオートサロンでプロトタイプの発表をしたR35 GT-R用エアロパーツを正式に発売した。なお、フロントバンパーについては7月下旬の発売となる。
デモカーのチューニングも同時進行し、Abflugは今後、GT-Rをメインターゲットとして進化するという。


◆フロントリップ&アンダーディフューザー
車格をスポイルする事なく、最大限のダウンフォースと冷却効果を追求したモデル。リップ部はセンター部で純正比20mm延長し、ブレーキ冷却ダクトを採用、サイド面へ流れる面構成と美しいラインは、Abflugならではのデザイン感性だ。
アンダー部には純正と同様の取付けが可能な、ディフューザーパネルがセットされる。

■適応:R35GT-R(2007.12~) 
■平織ウェットカーボン仕様 純正ボルトオン交換
■価格: \210,000(税込)
※純正リップスポイラー&アンダーパネルと交換タイプ(取付け方法も同様)
最低地上高は純正と変わりません。

◆サイドスカート
ボディ下面へのエア巻き込みを抑制すると言う、サイドスカート本来の空力効果を発生。シンプルなデザインを採用しながらも、純正ボディの微妙なカーブと融合し、力強くも美しいラインでモデリングした。また、下面取付け部分も純正の複雑な形状を再現したボルトオン設計。不要に取付け穴を開けずに装着可能だ。

■適応:R35GT-R(2007.12~)
■製品本体L&R(ウェットカーボン仕様)取付け用両面テープなど
■価格: \165,900(税込)

◆リアアンダースポイラー&カーボンディフューザー
Abflugが最も得意とする「Diffuser Program」です。センターセクションはフルカーボン製となり、デフクーラーなどを仕込めるダクトを採用、整流効果を高めるべく、大型のフィンを設置した。両サイドのアンダースポイラーはFRP製にて、マフラーの発熱に対応すべく、積極的にダクトを開けてある。

■適応:R35GT-R(2007.12~)
■センターセクションディフューザー(Carbon製)
アンダースポイラー(FRP製/アルミネット付/要塗装)
エクステンションパネル(FRP製)
純正マフラー対応品
■価格: \260,400(税込)

◆カーボンリアスポイラー(純正マウントタイプ)
純正形状を変更する事なく、完全車検対応のカーボン仕様。マテリアルに綾織りカーボンを採用し、経年劣化を防ぐためにUVカットクリア塗装が施されている。
■適応:R35GT-R(2007.12~)
■綾織ウェットカーボン仕様 純正ボルトオン交換 ハイマウント対応
■価格: \186,900(税込)

■お問い合わせ
GALLANT ABFLUG
〒412-0048 静岡県御殿場市板妻113
TEL:0550-80-0705 FAX:03-6893-7810
http://abflug.jp