R35 GT-Rはサーキット等でハード走行を続けると、ミッションオイル温度の上昇にて警告灯が点灯しフェールセーフが入ってしまいます。このような状況を繰り返すと、走行できないばかりか、高価なトランスミッションに深刻なダメージを与えてしまいます。
Kansaiでは連続走行しても、ミッションが耐える冷却方法を模索しました。コアの位置やシステム変更を重ねた結果、水冷追加型のオイルクーラーを採用しました。この冷却システムは、冷間時はミッションオイルをノーマルと同様すばやく設定温度まで上昇させることが可能です。
そして高温時はミッションオイル温度だけでなく、エンジン水温の上昇を防ぎ、高負荷時でも安定した走行が可能になります。
フロントバンパー内に設置するコアには専用ダクト設定、またダクト内にガイドを入れてコア全体に走行風が当たるように工夫しました。
スポーツ走行時にミッションだけでなくエンジンにも優しいこのシステムは、ドライバーに余裕と安心を与えます。

詳細はコチラ

■R35 GT-R用ミッションオイルクーラーキット
¥176,400(税込み)

*競技専用部品
*純正ウォッシャータンクを取外す為、別途汎用ウォッシャータンクが必要です
*バンパーフェイスの穴あけ加工必要です

■お問い合わせ
HKS 関西サービス
〒632-0111 奈良県奈良市小倉町1080
TEL:0743-84-0126 / FAX:0743-84-0413
営業時間:AM10:00 ~PM7:30
定休日:木曜日・第2水曜日
www.hkskansai.co.jp