日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス・ゴーン 以下、日産)及びニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(本社:神奈川県横浜市鶴見区 社長:宮谷正一 以下、ニスモ)は26日、2013年のグローバルモータースポーツの活動概要を発表しました。

日産の社長であるカルロス・ゴーンは、同社がゼロエミッション・テクノロジーを用いた革新的なコンセプトのレーシングカーにより2014年のルマン24時間レースにガレージ56車両として参戦することを発表しました。このルマンへの参戦は新しいパワートレインをテストすると同時に、最新のテクノロジーを採用したレーシングカーが将来ルマン24時間のトップカテゴリーに復帰する際の、ACO(西部自動車クラブ-ルマン24時間レースのプロモーター)とFIA(国際自動車連盟)への必要なデータ提供、という目的があります。

ゴーン社長は、「ルマンへの復帰は当社の市販車とレーシングカーの両方にとって、最も厳しい環境下での実験の場への復帰となることでしょう」と語りました。

この他にも、ニスモはグローバルでのモータースポーツ活動を以下のように拡大していきます。

■ブランパン耐久シリーズにおけるNISSAN GT-R NISMO GT3による耐久レース活動の継続
■22台中17台を誇る2013年ルマン24時間レースLMP2クラスでのニスモエンジンユーザー
■オーストラリアでのトップレーシングカテゴリーであるV8スーパーカーズへの新型アルティマ4台による参戦
■すでに欧州、ロシア、米国、南アフリカ、中近東で大きな成功を収めているGTアカデミーの更なる地域的拡大

<ルマンへの復帰>
本日、ニスモグローバル新本社のオープニングイベントの中でゴーン社長は、日産が2014年にガレージ56車両としてルマンに復帰することを約束しました。

詳細についてはプロジェクトが更に進行したときに発表を行いますが、日産は数々の賞を受賞したデルタウィングの精神を受け継いだ、今までになかったワクワクを提供できるレーシングカーを開発していきます。ACOは、将来の日産のLMP1カテゴリーへの復帰の可能性にむけて必要なデータを関係団体が収集できるよう、ガレージ56の枠を日産に提供したものです。

内燃機関エンジンについては、日産は今年もルマンLMP2クラスでの最多エンジンサプライヤーです。2013年のルマンでは17台の日産・ニスモVK45DEエンジン搭載車が参戦します。

<GT-Rでの参戦>
ニスモが開発したGT-Rレーシングカーでのモータースポーツ活動は日産の主要な活動の一つです。日本のスーパーGT GT500クラスでのシリーズ連覇、GT300クラスでの勝利、スーパー耐久レースGT3クラスでの勝利、英国GT選手権での勝利など、GT-Rは2012年に数々の勝利を収めました。

1. SUPER GT
①GT500クラス

■車両
現行規則が最後となる2013年型NISSAN GT-Rは空力とエンジンに重点をおいて開発を行いました。
①空力:リヤ周りに特徴的なシャークティース形状を採用するとともに、床下周り形状を最適化して、ダウンフォースを維持しつつ、ドラッグを大幅に減少しました。
②エンジン:レスポンスとトルク特性を改善するとともに、フリクションの低減などにより燃費性能を改良し、実際のレースシーンでの速さを向上しました。

■チーム体制
日産系チームとしては、NISMO、MOLA、TEAM IMPUL、KONDO RACINGが参戦し、計4台の「NISSAN GT-R」が同シリーズGT500クラスに出場します。日産系チームの総監督は、引き続き柿元邦彦が努めます。
 
No エントラント 監督 ドライバー 車両名 タイヤメーカー
23 NISMO 鈴木 豊 柳田 真孝/ロニー・クインタレッリ(イタリア) MOTUL AUTECH GT-R ミシュラン
1 MOLA 大駅 俊臣 本山 哲/関口 雄飛 REITO MOLA GT-R ミシュラン
12 TEAM IMPUL 星野 一義 松田 次生/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ブラジル) カルソニックIMPUL GT-R ブリヂストン
24 KONDO RACING 近藤 真彦 安田 裕信/ミハエル・クルム(ドイツ) D'station ADVAN GT-R ヨコハマ



②GT300クラス
■車両
「NISSAN GT-R NISMO GT3」にてGT300クラスに参戦します。
2013年モデルでは、エンジン出力向上及び耐久性向上、空力性能向上、ブレーキ配分の適正化、空力性能向上に伴うサスペンションセッティングの見直し、エンジン出力向上に伴うギアレシオの最適化を行うことにより競争力を一層高めました。

■チーム体制
2013シーズンは、昨年のNDDP RACINGに加え3台のプライベートチームによるGT-Rが出場し、計4台のGT-RがGT300クラスに参戦します。
 
No エントラント 監督 ドライバー 車両名 タイヤメーカー
3 NDDP RACING 長谷見 昌弘 星野 一樹/佐々木 大樹 S Road NDDP GT-R ヨコハマ
7 Bonds Racing 橋本 洋之 イゴール・スシュコ(米国)/ TBA OGT Bonds Racing GT-R ヨコハマ
48 DIJON Racing 井上 恵一 高森 博士/千代 勝正 DIJON Racing GT-R ヨコハマ
360 RUN UP SPORTS 中野 啓吉 白坂 卓也/田中 篤 RUN UP GROUP GT-R ヨコハマ


2. スーパー耐久
KONDO RACINGと日産自動車大学校のコラボレーションによる、授業の一環としてのレース活動参画という、教育とモータースポーツを結びつけた「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」プロジェクト(NISSAN GT-R NISMO GT3)に加え、3チームから6台のフェアレディZが出場します。

クラス No エントラント 監督 ドライバー 車両名
GT3 24 KONDO RACING 近藤 真彦 藤井 誠暢/GAMISAN/千代 勝正 又は 佐々木 大樹 スリーボンド日産自動車大学校 GT-R


その他のモータースポーツ活動についてはコチラ