第42回東京モーターショー2011は、12月2日(金)から12月11日(日)までの10日間(一般公開は12月3日(土)から)、東京ビッグサイト(江東区・有明)で開催される。

24年振りに東京に戻り、世界一のテクノロジーモーターショーを目指す東京モーターショー。そのテーマは「世界はクルマで変えられる。」“Mobility can change the world.”。

クルマは、移動手段だけでなく、環境、安全、エネルギーなど世界の様々な問題の「解決手段」となりつつある。クルマ社会の未来を、明るく、大胆に、世界に向けて発信していくという強いメッセージを込めたとのこと。

ポスターデザインでは、タイヤ、ライト、ボディが現実にはあり得ない配置になった「変化しようとしている車」をイメージ。先端のテクノロジーが生みだす未知なるものへの期待感と、だれもが楽しめるショーの華やかさを表現している。

興味深いのはポスター左下の車輪を押す人のデザイン。

これは、1954年に開催された「第1回全日本自動車ショウ」で採用されたシンボルマークだ。
このマークを考案したのが、「フェアレディZの父」として有名な片山 豊氏。
初心に帰る意味を込め、改めて東京モーターショーの唯一のシンボルマークとして位置づけ、積極的に使用していくそうだ。

一般公開は12月3日(土)から。
そして会場が東京ビッグサイトとあらゆる意味で意気込み感じる東京モーターショー。

12月4日(日)は富士スピードウェイでNISMOフェスティバルが行われる。
日産ファンにとっては充実した週末になることは間違いない。

■東京モーターショーWEBサイト
http://www.tokyo-motorshow.com/