米倉涼子「スーパーカーが似合う女性No.1」

新型GT-Rのデビューを祝う、今世紀最初で最後の地下セレブレーションパーティが、12月5日、開通を間近に控えた首都高速中央環状線・山手トンネルで開かれた。
2台のシルバーのGT-Rがセレブリティの見守る中、かなりのスピードで疾走。Uターンした2台のウチ1台のGT-Rから降り立ったのは志賀俊之COO。その後ステージ右手からユックリ走ってきたシルバーのRから降り立ったのが、女優・米倉涼子だった。今回、彼女が選ばれたのは、アンケートで「スーパーカーが似合う女性No.1」だったからとか。



GT-Rの第一印象は? の声に「どうせなら、もっと速く走って欲しかった」とのこと。自身もドライブは大好きで「よく橋とか渡りに行きますよー」とか。会場にはスーパーGTでフェアレディZを走らせる近藤真彦監督の姿も。
日産の加治慶光マーケテイングダイレクターによると「6月に首都高速道路株式会社にオファーして実現しました。ケータリングはロブションです」とのこと。
ちなみにこの山手トンネルは12月22日に開通する予定。