newyear


明けましておめでとうございます!

GTR-WORLD.netの読者の皆さん
新年、明けましておめでとうございます。
また、日頃、当サイトを訪れていただきありがとうございます。




さて、2007年10月24日。
スカイライン生誕50周年の最後を飾る形で「日産GT-R」がデビューしました。

新型GT-Rにスカイラインの名前はなくなりましたが伝統の丸型4灯テールランプなど
随所にスカイラインのDNAが散りばめられ血統を受け継いだことは誰の目にも明らかでした。


歴代のスカイラインGT-Rは常にその時代の最先端を行くテクノロジーを搭載し
また、レースでの活躍により注目を浴び続けてきました。
国産車では、唯一、ブランドを確立させたクルマでありストーリーを感じさせるクルマでもありました。

圧倒的なパフォーマンスを操ることの満足感と優越感。サーキット走行の緊張感。そして仲間との出会い…。
幸運にもGT-Rのオーナーになるとその人の人生観をも変えてしまうほどの魔力を持っていました。

新型GT-Rも歴代GT-R同様、ストーリーを語れるクルマ、そして人生のスパイスとなるようなクルマに
育ってほしいと願ってやみません。

GTR-WORLD.netでは2008年もユーザーサイドの視点に立ったコンテンツ制作を心がけ
各世代のGT-Rオーナー、ファンの皆さんにより楽しんでいただける誌面づくりに邁進いたします。
そして、GT-R Magazineをはじめとする各媒体とのコラボレーションを積極的に進め、
世界に羽ばたこうとしている新型GT-Rの情報やヒストリーをいち早く、より正確に世界に発信していきます。

また、歴代GT-Rが1台でも多く元気な姿で走り続けられるよう
メンテナンスやチューニングの情報を掲載する予定です。

ますます充実するGTR-WORLD.netの2008年にご期待下さい。

2008年 元旦
GTR-WORLD.net 編集長
杉 野 勝 秀