GTNET ADVAN NISSAN GT-Rが予選ポールポジション獲得
スリーボンド日産自動車大学校GT-Rの千代勝正選手は
SUPER GT GT300クラスを上回る1分20秒760を予選で記録


20130423-2013_s_tai_rd1_sugo_gt-R_ph(1)b.jpg



4月20~21日 、スーパー耐久シリーズ第1戦がスポーツランドSUGOで開催されました。#81「GTNET ADVAN NISSAN GT-R」(青木孝行/星野一樹/尾本直史)が総合ポールポジションを獲得しましたが、決勝日は積雪のためレースは中止となりました。

昨年は富士スピードウェイで開幕を迎えたスーパー耐久ですが、今年は例年通りスポーツランドSUGOでのシーズンスタートとなりました。仙台に集まった日産勢は、2013年仕様のNISSAN GT-R NISMO GT3が2台、フェアレディZ33が2台、Z34が4台の、計8台です。
4月下旬とは思えない寒さの中行われた公式予選では、GT3クラスに参戦しているGT-Rの2台がポールポジション争いを展開。青木と星野が予選アタックを担当した#81 GT-Rが、2人のドライバーの合算タイムで2番手に0.4秒の差をつけてポールポジションを獲得しました。#24「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」(藤井誠暢/GAMISAN/千代勝正)は、Bドライバーとして予選アタックに向かった千代がコースレコードを更新するタイムを記録し、予選2位となりました。ST-3クラスでは、#77「B-MAX・日本梱包資材・Z33」(DRAGON/関口雄飛)がポールポジションを獲得。さらに上位4台中に3台のフェアレディZが入りました。

昨シーズンから始まった日産自動車大学校とKONDO RACINGの共同プロジェクトは、今年も多数の学生が参加しています。今回のレースでは、日産栃木自動車大学校と日産横浜自動車大学校の2校が参加。決勝日にはあいにくの積雪で120名の応援学生はサーキットに来ることができませんでしたが、昨年同様にテクニカル領域、マネジメント領域、広報グループに分かれて活動を行っていた約70名の学生は、急なスケジュール変更にも臨機応変に対応していました。
チームのドライバーラインアップには、藤井誠暢、GAMISANに加え、ニッサン・ドライバー・デベロップメント・プログラムでスカラシップを獲得している千代勝正と佐々木大樹が3人目のドライバーとして登録されることになりました。初めて学生と一緒にレースを戦う千代は、「初日は初めての仕事に戸惑っているように見える学生さんもいましたが、日に日に作業のペースも上がって、土曜日には見違えるようになりました。ピットにたくさんの人がいるので、皆さんに見守られているという思いも強く感じました」と、レースウィークを振り返っていました。

青木孝行(#81 GTNET ADVAN NISSAN GT-R / 予選1位)
「GT-Rで予選を走るのは初めてなので少し緊張していましたが、開発ドライバーである星野選手からいろいろとアドバイスをもらえて助かりました。なかなかクリアラップをとれずにいたのですが、最終アタックの時にうまくタイミングを計り、満足なアタックができました。このクルマでロングランのチェックができていなかったので、今回はデータをとるためにもレースをしたかったのですが、残念です」

藤井誠暢(#24 スリーボンド日産自動車大学校GT-R / 予選2位)
「2013年仕様のGT-Rはダウンフォースも増えていて、パフォーマンスが上がったことを強く感じました。コースコンディションの影響もありますが、GT-Rの戦闘力が上がったこともコースレコードを大幅に更新するという結果に結びついたと思います。今年も学生の皆さんと一緒に頑張っていきたいと思います」