ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(本社:東京都品川区南大井 社長:宮谷正一、以下ニスモ)は、JRモータースポーツ(本社:英国イーストサセックス州、 代表:ジェームズ・ラムゼイ、以下JRM)と、FIA GT1世界選手権プロジェクトに続き、NISSAN GT-RのFIA GT3プロジェクトでもパートナーとして提携を行うことに合意しました。

ニスモは、JRMと共にNISSAN GT-RのFIA GT3仕様車の開発を進めており、2011年シーズンは欧州および日本で数戦テスト参戦し、2012年に向けてカスタマーチームに供給する予定です。JRMは、本プロジェクトにおけるニスモのオフィシャルモータースポーツパートナーとなり、欧州地域での実戦を含んだ走行実験や開発、欧州における車両及び部品の製作を担当するとともに、本車両の欧州、ロシア、中東地域における販売及びカスタマーサポートを行います。




JRモータースポーツ(JR Motorsports Limited)
JRモータースポーツ(JRM)は英国のモータースポーツ会社として、FIA GT1を始め、グループNラリーやプロダクションカーレースの分野で広く知られており、イーストサセックス州ライとノーザンプトン州ダベントリーに工場を構えるラリー及びレースカーの製造会社です。JRMは、チューニングパーツの販売で知られるSumo PowerとそのFIA GT1レースチームであるSumo Power GTの親会社でもあります。2010年、ニスモとJRMはFIA GT1世界選手権プロジェクトでのパートナーシップ契約を締結。JRMはSumo Power GTを立ち上げ、FIA GT1世界選手権にNISSAN GT-Rで参戦を開始しました。2011年は、Sumo Power GTに加え、新たにJRM Racingを設立し、JRM傘下の2チームが参戦。第3戦アルガルブでは、予選レース、決勝レースともに優勝するなど、活躍を見せています。




●上記に関するお問い合わせは、
ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社
http://www.nismo.co.jp/misc/contact.html
ニスモ・インフォメーションセンター