mySQL error with query INSERT INTO nuc_nucleus_plugin_querylog (querystr) VALUES ('グループC'): Table 'LAA0339985-gtr.nuc_nucleus_plugin_querylog' doesn't exist

GT-Rウェブマガジン - GTR-WORLD - サイト内検索


サイト検索結果

サイト内検索結果

ニュース > メディア情報
2012/02/24
http://www.gtr-world.com/news/item_3621.html

...名レース」と銘打って、選りすぐりの9レースをお送りします。90年代のレースからは、グループA・レース・ド・ニッポンで、R32スカイラインGT-Rを駆る、長谷見昌弘、星野一義らの姿!そして、グループC・全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権の注目のレース、全日本GT選手権などモー...

ニュース > NISMOニュース
2011/08/05
http://www.gtr-world.com/news/20110805-nismo-festa.html

...例のNISMO FESTIVALを開催いたします。15回目となる今年も、昨年のテーマ「NISSAN RACING DNA.」を継承し開催いたします。現代の技術の粋を集めたSUPER GT GT500車両や、今なお根強い人気のグループAカー、グループCカーはもちろんのこと、1960年代後半に日本グランプリで活躍したNISSAN R380~R383シリーズ...

GTR-WORLDレポート > イベント
2010/12/05
http://www.gtr-world.com/special-report/20101205-nismofesta-finale.html

長谷見昌弘監督が駆る’69年ハコスカ4ドアGT-Rを先頭に、’10年レースグループC、グループAらがストレートに並ぶ。各ドライバーがレッドカーペットに整列し、柿元総監督、本山哲選手...

ニュース > お知らせ
2010/08/17
http://www.gtr-world.com/news/20100817-nismo_festival.html

...様の暖かい応援に感謝の意を込めて、GT500車両はもちろんのこと、普段はなかなか見ることの出来ないレーシングカーや日産のモータースポーツの歴史を感じさせる車までを一堂に集める予定です。ヒストリックカーによる模擬レースの復活や、グループCカーによるパレードラン、そしてSUPER GT/JGTC車両によるオールスターバトルの実施など、...

ニュース > イベントレポート
2010/05/14
http://www.gtr-world.com/news/20100514-SIZUOKAHOBBYSHOW.html

...ったが、今年は一息ついたというところか。GT-R関連商品はそれほど多くはなかった。代わりに目に付いたのは、70年代と80年代のF1マシンとスーパーシルエット、それにグループCカーのレアもの。それでもGT-R関連としては、EBBROの1/8SUPER GTマシンなど今までにない超弩...

GTR-WORLDレポート > レポート
2010/02/25
http://www.gtr-world.com/special-report/20100225-nismo-carbonLSD.html

...発生せず意外なほどクルマは安定している。このあたりが従来の機械式LSDと異なるフィーリングだ。また、タイトコーナーではターンインで機械式LSD特有の抵抗感がなくスムースにコーナーに入ってしまう。まるでLSDが装着されていないような錯覚を覚えるほどだった。それでいて、立ち上がりは内輪の空転もなくシッカリとトラクションがかかるあたり、やはりLSDが装着されていることを実感する。その後、影山正美選手がLSDの温度を限界まで上げる意地悪テストを行った。その直後に再び試乗。今度は駐車場でハンドルをフルロック状態でユックリと旋回させてみる。従来の機械式LSDはこういう状況で音がでたのだが、ゴキゴキ、ガキガキといった音は相変わらず出ない。さらにアクセルを微妙に踏み込むとロックしてタイヤを引きずる。続いてそのままクラッチを切れば、抵抗感なくスルスルと惰性で旋回する。つまりフリーになっているということ。確かに温度変化にも強く、スムースなロック&リリースが行われているLSDであることが確認できた。この感触はどこかで味わったことがあると思ったら、かつてニスモがグループCカーなどに装着していた、日産オリジナルのオリフィスLSDと同じ感触であることに気づ...

ニュース > メディア情報
2009/02/25
http://www.gtr-world.com/news/20090225-best-motoring-racing-history-group-c-legend.html

... Vol.6「Group C 地上の戦闘機」/税込定価:9800円/2枚組み・130分/発行:2&4モータリング社非日常の速さと危険な香りグループC”の魅力に迫る!かつて世界のサーキットにはスピードの魔物が走っていた。1982年から...

NISMO FESTIVAL > 出場マシン紹介
2008/11/15
http://www.gtr-world.com/nismo-festival/20081114-festa-machine-3.html

...車日本車の日本人ドライバーによる唯一の世界的24時間レース優勝Text: GTR-World.netPhoto: GTR-World.netエンジン、シャシーともすべて日産製のグループCマシン。92年のデイトナ24時間レースに長谷見昌弘、星野一義、鈴木利男のトリオで出場...

ニュース > メディア情報
2008/06/12
http://www.gtr-world.com/news/20080608-hotversion.html

...ツァ(DL)の2大ブランドがモデルチェンジ! その2強を迎え撃つのは、人気のアドバンにドリフト界から赤丸上昇中のトーヨー。ハイグリップラジアルタイヤの最強のブランドはどれだ!?ホットバージョン名物、掟破りのタイヤバトルがスタートする!エントリータイヤ:BS POTENZA RE-11、YH ADVAN NEOVA AD07、DL DIREEZA SPORT Z1 STAR SPEC、TY PROXES R1Rテスト車:マツダロードスター4時間耐久レース仕様ドライバー:土屋圭市、伊藤大輔、石浦宏明、川畑真人 アシスタント:谷口真紀ロケ地:エビスサーキット 西&東コースモータースポーツドキュメント2008伊藤大輔の挑戦 童夢S102 ル・マンプロジェクト 開発レポート世界に挑むチャンスを手に入れた大輔。マシンは憧れのグループCカーを彷彿させるル・マン専用マシン「童夢S102」その開

ニュース > 各社プレスリリース
2008/04/15
http://www.gtr-world.com/news/20080415-kyosho-akihabara-open.html

...さらにベアリングセットを採用したことで、駆動系の回転抵抗を低減。大きなスケールの電動RCカーをそのまま縮小したような妥協のなさがすごい。R/Cカーでの新しい試みとして、「dNaNo」はICタグを搭載。これにより、シャシーごとに登録された個別のIDを識別できる。オフィシャルショップでオーナー登録をすれば、専用サーキットのラップカウントシステムにも対応。この際、ラップタイムデータが計測され、専用サイト 「dNaNo MY LAP ONLINE」にアップデート。ショップだけでなく、自宅のパソコンからでもラップタイムデータをダウンロードできる画期的システム。「dNaNo」には、ビギナー向けにスロー走行が楽しめるトレーニングモードが標準装備されていて、初心者はもとより久しくRCカーに触れていないかつてのユーザーまで心置きなく楽しめる。「dNaNo」には、R34GT-R VspecⅡNurを始め、フェラーリ、ランボルギーニ、グループCカーがラインナップされている。「dNaNo」専用サイトhttp://www.dnano.jp/「KYOSHO AKIHABARA」では...

NISMO FESTIVAL > 出場マシン紹介
2007/12/01
http://www.gtr-world.com/nismo-festival/nissan-gtr-gt500.html

...ならないので、前面投影面積を小さくするには何としてでも車高を低くするしかない。それにはボンネットを是が非でもペッタンコにする必要があったのだ。 明らかにGT500仕様フェアレディZよりボンネットが低い。そのため、フロントタイヤをカバーする盛り上がりは圧倒的にZよりも大きい。さらに、フェアレディZのフロントマスクは、かなり色濃く生産車の印象を残している。それに対しGT-Rのそれは、ヘッドライトとグリルの形状は似ているものの、その位置とスラント角は生産車と似て非なるものといっていいほど。まるで、グループCカーか、メルセデスがル・マン制覇用に開発したGTカー、CLK-GTRのそれのよう。ちょっと...

NISMO FESTIVAL > 出場マシン紹介
2007/11/26
http://www.gtr-world.com/nismo-festival/nismo-clarion-gtr.html

...ルウィッシュボーンを採用し、駆動方式をトルクスプリット4WDからFRに変更。レース仕様のサスペンションの設計を担当したのは、後にR35GT-Rの開発責任者となった水野和敏氏だった。ミッションは、すでに実績のあるXTRAC社製の6速シーケンシャルが23号車には搭載されていた。全体のフォルムは1995年仕様とあまり変わっていないが、サイドスカートが小さくなり、リヤが絞り込まれているのが分かる。 しかし、GT1クラスのライバルはカーボンモノコックを持った公道を走るグループCカーのようなマクラーレンF1をはじめとする生粋のスポーツカーたち。スチールのモノコ...

R35GT-R特集 > メカニズム・レビュー
2007/11/15
http://www.gtr-world.com/r35gtr-special/r35-gtr-aerodynamics.html

...感しにくい部分でもあった。反面、アフターマーケットのエアロパーツを取り付けても、良くなったのか悪くなったのかも実感しにくかったのではないだろうか。Text: Shunsuke TakeuchiPhoto: GTR-WORLD.net 新型GT-Rのエアロダイナミクスは、鈴鹿美隆氏が担当した。鈴鹿氏は長年にわたり、日産のグループCカーやGTカーの空力を担当してきた言わば日本を代表するエアロダイナミクスのスペシャ...

R35GT-R特集 > 新型GTR「噂の真相」
2007/11/08
http://www.gtr-world.com/r35gtr-special/r35-gtr-specv-rumor.html

...レーターレスとのことだから、カーペットすら装備していない可能性がある。室内騒音は覚悟して乗るべきクルマのようだ。 また、ブレーキのメンテ費が高額と述べていることから、軽量なカーボン製のブレーキシステムが奢られる可能性は相当に高い。前2座席のシートはカーボン製のフルバケットタイプに変更し、軽量化を目指すのが定石だろう。エアコンとオーディオは、サーキットに特化したクルマであることと、軽量化の観点からも装備されない可能性が非常に高いと見た。一方、サスペンションもサーキット走行専用に見直され、スプリングレートの変更と共に、アクティブサスペンションの制御も見直されるだろう。当然、街乗りの乗り心地もハードなものが予想される。もう一つ、気になるのがリヤのLSD。新型GT-Rでは機械式のLSDが装着されているのだ。R34 GT-Rまでの「Vスペック」はアクティブLSDだったが、今回の「スペックV」ははたしてどうなるのかという点だ。我々は、日産グループCカー全盛時代に装着されていた日産オリジナルのオリフィスLSDが搭載されるのではない...

R35GT-R特集 > メカニズム・レビュー
2007/11/05
http://www.gtr-world.com/r35gtr-special/r35-gtr-body-and-chassis-review.html

...ない。レースカーやラリーカーを製作する際には、剛性を高めるためにスポット溶接の増し打ちを行うが、GT-Rのボディーはそれに匹敵するか、むしろそれ以上とも言える造りだ。このままでもN1レースマシンとして使えそうなボディーであるというのが率直な印象。また、各パネルの剛性アップを図るためにつけられたリブもおびただしい数がプレスされている点も見逃せない。高いサイドシルとボックスフレーム 写真は運転席側から助手席を見たところだが、ドア開口部下側のサイドシルと助手席足元のボックスフレームが異常に高いところがミソ。グループCカーなどもこのサイドシルにあたる部分がかなり高く造られていた。これらが高いとボ...

R35GT-R特集 > GTR解説byNISSAN
2007/10/27
http://www.gtr-world.com/r35gtr-special/item_682.html

...せるものとしたいのです。2.新しいスーパーカー市場の創造第二に、新しいスーパーカー市場の創造です。従来の概念のスーパーカーは、走る道、天候、ドライバーのテクニックなど、ある意味、ユーザー層を限定したマーケットではなかったでしょうか? NISSAN GT-Rは、「誰でも、どこでも、どんな時でもスーパーカーライフを楽しめる」という全く新しいコンセプトを現実のものとするため、全力で開発してきました。そして、スーパーカーだからこその「速さと燃費」「高出力とクリーンエア」「高性能と安全性」を提案します。日産のNISSAN GT-Rによる、「マルチパフォーマンス・スーパーカー」という全く新しいジャンルの創造です。私は、1990年代にグループCの全日本耐久選手権やデイトナ、そしてル・マン24時間レース、GT-Rで参戦した全日本GT選...

インフォメーション > インフォメーション
2007/10/21
http://www.gtr-world.com/info/staff.html

...。国内外のラリー車開発を経て、R33GT-RをベースにしたNISMO 400Rなどのコンプリートカーやストリートパーツ開発を行う。現在は、クルマの楽しさをより多くの人に伝えるため執筆業の傍ら、最近はMTBにもハマリ、6輪生活を満喫中のクルマ馬鹿。執筆陣/パートナー黒沢元治(くろさわ もとはる)モータージャーナリスト、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員1940年茨城県出身。日本のモータースポーツの黎明期、60年後半~70年代にかけて活躍。69年日本グランプリに日産R382で、73年日本グランプリにはマーチ722/BMWで優勝。フォーミュラ、ツーリングカー、そしてグループCとあらゆるカテゴリーで戦績を残す。80年代後半に現役を引退後、優れたセッティング能...