クラブトラックエディション購入時の条件となっているのが、ザ・プレステージ・クラブ・オブ・GT-Rへの入会だ。このクラブは、どのようなコンセプトで設立さっれたのか、試乗会でプレゼンテーションがあったので報告する。

本題のクラブの内容に入る前に、NISSAN GT-R開発チームの水野和敏CVE&CPSからGT-Rを核にしたライフスタイル。すなわちGT-Rワールド(水野氏はワールド・オブ・GT-Rと語ったが・・・)の世界観について説明があった。

それによると、水野氏が描くGT-Rワールドには”走る楽しみ”と”造る楽しみ”があるという。その中心にあるのは、もちろん基準車となる素のGT-Rだ。今回、発表したクラブトラックエディションは、その”走る楽しみ”の究極に位置するクルマとなる。一方、その対極の”造る楽しみ”に位置するのが、今後投入が噂されている「M」がキーワードのクルマということのようだ。


その”走る楽しみ”を提供するには、ハードウェアだけでは足りない。走る場を提供するソフトウェアも必要となってくるのだ。そこで設立されたのが、『The Prestige Club of GT-R』ということになる。クラブの設立目的や、予定されている活動内容について、NISMO取締役の田中利和氏から、概略の説明があった。

■クラブ設立の目的
『The Prestige Club of GT-R』は、以下の二つを目的に設立されたクラブトラックエディション・ユーザーのためのクラブだ。
◇サーキット走行専用車であるNISSAN GT-R「Club Track edition」(クラブトラックエディション)のドライビングスキル(技術)の習得と向上をはかる。
◇クラブ会員イベントを通じたクラブ会員相互の親睦と交流をはかる。

■入会資格
クラブ設立も目的に賛同していただける方で、NISSAN GT-R「Club Track edition」(クラブトラックエディション)を新車で購入した人(車両名義人または使用登録者名簿に登録された車両使用登録者の中の1名)。

■入会金・年会費
入会金:1,000,000円
年会費:2,000,000円

※入会金、年会費はクラブ退会時には返却されない。

■会員特典
◇クラブ主催イベントへの無料参加
 現在の計画では、トラックイベントを年2回、ニスモフェスティバルでのカップカーレースを年1回、会員相互の懇親パーティーを年 1回が予定されている。
◇会員特別価格での部品提供
 消耗部品、オプション部品を会員のみの特別価格での提供。


■クラブ主催イベント案について
1.トラックイベント
 ・初年度となる2011年の内容については、クラブ員のドライビングスキルの向上に主眼が置かれる予定だ。次年度以降は、クラブ員の要望を取り入れたイベントを開催する予定。
 ・各以遠とには、タイムトライアル、模擬レース等の競技形式のアトラクションを組み込む予定。
 ・ホスピテリティスペースの確保とケータリングサービスの提供も合わせて行う。
2.カップカーレース
 ・ニスモフェスティバル開催時にクラブカップレースを開催予定(2011年度以降に予定)。
3.懇親パーティー
 ・ニスモフェスティバル開催時にメンバーズパーティーを予定。

■トラックイベントについて
初年度のトラックイベントは、メンバーズトラックデーとしてドライビング技術の習得を目的とした内容で構成される。
1.ドライビングテクニックの習得
 ・開発ドライバーの鈴木利男氏によるGT-Rならではの走行テクニックの伝授
 ・クラブトラックエディションに標準搭載されるNISMO製データロガー(もしくはオプションのMM製データロガー)を駆使して水  野和敏氏によるドライビングテクニックのカウンセリング。
 ・充実したインストラクターによる基本テクニックの徹底講習。鈴木利男氏をチーフインストラクターに、NISMO契約ドライバー2名を加え、スラローム、ブレーキングなどの基本テクニックをマンツーマンで指導。
2.セットアップアドバイス
 ・R35 GT-Rの開発に当初から関わっているノバ・エンジニアリングの森脇基恭氏による理論に基づいたセットアップアドバイス。