日産自動車が発表したプレスリリース資料と実車取材からGTR-WORLD.netが新型GT-Rを読み解く「R35 GT-R徹底解説」。
デザイン編の第2回目は「インテリア」がテーマ。

◆日産自動車プレスリリース◆
インテリア:
  超高速域までの新次元のドライビングに集中できる機能性と安心感、そして日常領域での快適性をも両立させたドライビングインテリア。助手席前の空間や、ドアトリムにはソフトなパッドを配することにより、日常走行から高速域までのあらゆる場面で、乗員に安心感と快適性を提供するデザインとした。
・ドライバーを囲むようなデザインで、メータークラスターからのセンターのマルチディスプレイまで高さを揃えた配置とすることで、高速走行での視線移動が少ない視認性を重視したデザイン
・タコメーターを中央に配し、かつシフトポジションの視認性を高めるため右上にポジション表示をレイアウトした超高速域で視覚情報を得やすいメーターデザイン。各メーターは、噛み合ったギヤをイメージした文字盤と金属表現の立体リングを持ち、NISSAN GT-Rの新次元の性能を感じさせるエモーショナルなデザイン
・必要な情報をドライバーが瞬時に判読できるグラフィックを採用したマルチファンクションメーター
・金属調フレームのセンターコンソールに、シフトゲートとエンジンスタートボタンを配置。赤いエンジンスタートボタンは、NISSAN GT-Rのエンジンに火を入れるという厳粛な高揚感を演出
・ホールド感を高め、かつクッション前方のサイドの張り出しを弱めることによりロングツーリング時に膝から前を自由にしてリラックスできるシート形状
R35GTRフロント正面  R35GTRリヤ正面
R35GTR側面  R35GTRシェイプ

◆GTR-WORLD.net解説◆
  斬新な外観に比べ、インテリアは比較的おとなしい。一部本皮張りのインパネのデザインも奇をてらったものではない。ただ、ステアリングホイールのセンターパッドのGT-Rエンブレムはちょっと気恥ずかしいかもしれない。フロントシートは、本皮とスウェードのコンビシート。シートバックに4点式シートベルトを通す穴が開けられているのはGT-Rの伝統か。国産車スポーツとしては、非常に質感の向上に気を配っているが、NSXやレクサスのような究極のクオリティを望むと違和感があるかも。
R35GTR  R35GTR