世界一過酷なサーキットが育てた超高性能な走りと極限のスタビリティ。
そしてそれを安心して使える信頼耐久性



NISSAN GT-Rはドイツニュルブルクリンクを開発のステージに選びました。山岳路と谷下りで構成される全長20 km超のニュルブルクリンクは、世界で最も過酷なスタビリティとアクティブセーフティ性能が要求されるサーキットです。開発においては、性能アタックの場とするだけに留まらず、耐久テストの場としても活用。連続走行のラップタイムとして世界最速の7分55秒台で延べ5000kmを走り抜くことで、極限のスタビリティによる骨太感と圧倒的な耐久信頼性を生み出しました。世界一過酷な環境で鍛え上げることで、世界のスーパーカーをリードする新次元の走行性能、安全性を実現しています。