誰でも、どこでも、どんな時でも、安心して高性能なスーパーカーライフが楽しめる、新次元スーパーカー
世界のスーパーカーがその性能を評されるドイツニュルブルクリンクサーキットで、世界最高峰のタイムを叩き出し、とかくサーキットや限られたフィールドだけの高性能と思われがちなスーパーカーの中にあって、雨や雪の路面状況をも運転を楽しむためのスポーツフィールドに変えてしまう走行安定性を提供する。そしてシーンを変えて、市街地ではAレンジでコンフォートな走りと乗り心地を提供する。あらゆるシーンで最高のパフォーマンスを提供する新次元のスーパーカー、NISSAN GT-Rはそんなマルチパフォーマンス・スーパーカーを現実の世界のものとしました。

[誰でも] 
サーキットを縦横無尽に走るプロフェッショナルドライバーからウィークエンドディナーをリゾートホテルで楽しみたいドライバーまで、全てのドライバーにとって、そのシーンを満たされる装備と性能

[どこでも] 
あらゆる環境で開発を行った超高性能
主要開発エリア:
「JAPAN」:北海道ハイスピードオーバルコース&カントリーロードテストコース
「EUROPE」:ドイツニュルブルクリンクサーキット、ドイツアウトバーン60号線、48号線、コブレンツ周辺市街地路
「USA」:アリゾナ超高速オーバルテストコース(外気温40度以上)、ラグナセカレースウェイ、ウイロースプリングスサーキット、インフェリオンサーキット、パームスプリングス周辺砂漠エリア、デトロイト近郊降雪路、フリーウェイ10号線、15号線

[どんな時でも]
灼熱のサーキットから凍てつくスノーロードまで、夏も冬も昼夜をいとわず、あらゆるシーンで最高のパフォーマンスを提供




「走り、曲がり、止まる」性能の追求=新次元アクティブ・セーフティパフォーマンスの提案
NISSAN GT-Rは、クルマの基本性能である「走り、曲がり、止まる」をクルマが走りうるあらゆるシーンで最高のものとするため、「Force of the Earth」つまり、地球の力(重力、慣性力、空力)をタイヤのグリップ荷重に変える、空気の流れを走行安定性を生むための力に変えるというクルマ本来のあるべき姿、原点に立ち戻って、ドライブトレインの新しい配置を含め、ゼロから基本設計を行いました。そして最先端の理論、テクノロジーを用いて、最高のヒューマン・マシーンインターフェースを創造し、このために全てのコンポーネントを新たに開発しました。また、あわせてクラストップレベルの低燃費と国内「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」をクリアし、理論的には時速200kmで走行してもクリーンな排出ガス性能を実現する新しい環境性能を実現しています。

新たに開発した主なコンポーネントユニット:
プレミアム・ミッドシップパッケージ(独立型トランスアクスル4WDを含む新世代パッケージ)、VR38型エンジン、GR6型デュアルクラッチトランスミッション など




● 独立型トランスアクスル4WD
⇒ 4輪タイヤ荷重の適正配分&持続
⇒ トンネル冷却空気流
(床下ダウンフォースの発生)
● 更に性能を生かすため
⇒ 大容量・高Gブレーキ
⇒ ランフラットタイヤ+空気圧警報

● 超高速性能を操作するために
⇒ パドルシフトによる素早い変速
(GR6型デュアルクラッチ
 トランスミッション)
⇒ 新ペダルレイアウト
 ドライビングポジション
⇒ スーパーワイドビーム
 ヘッドランプ
● 最適な条件で使うために
⇒ セットアップスイッチ
・状況に応じ最適にモードが選定可能
(Bilstein DampTronic/VDC-R/
 トランスミッションのモード切り替え)
⇒ マルチファンクションメーター

● スーパーカーだからできる新技術
⇒ パワーと燃費の両立
 (トレードオフの両立)
⇒ 高出力 と クリーンエア領域拡大
(理論上、200km/hでもクリーンな排気)
● 人間の運転技術
⇒ マルチファンクションメーターでの指導
【燃費】 
・フューエルエコノミーモード
・ ギヤポジションモード
【運転技術】 
・アクセル・ブレーキ・ステアリング
 スキルモード
● 安全技術
⇒ アクティブセーフティ
・ブレーキ停止距離
・ 新FRトルク制御追加VDC-R
・ スーパーワイドビームヘッドランプ
⇒ パッシブセーフティ
・ 異種材料の適材・適所設計
・ 車体とサスペンションメンバー
  一体化設計