これはGTマシンのフロントユニット?いいえ、違います。これは新型GT-Rの生産仕様のフロントユニット。導風板のレイアウトなど、まさにGTマシンと見まちがえるほどの仕上がりだ。インタークーラーは左右片バンクずつの独立したものが2個装着されている。また、右側のライト下には大きめの空冷式エンジンオイルクーラーが設置されている。ちなみこのオイルクーラーには、サーモスタットが装着されている。ということは、冷却性能は充分ということか?
Text: Shunsuke Takeuchi
Photo: GTR-WORLD.net




 さらに、実車を見ると左側ライト下にもスペースがありそうだ。今はココには何もないが、バンパーにあるダクトにはメクラ蓋が打たれている。噂されるハイパフォーマンススペックには、何か冷却装置が組み込まれるのかもしれない。