予選1回目はセミウエット路面で始まった。SC430とNSXが激しいアタック合戦を開始。しかし、GT-R勢のタイムは上がらない。途中、ラインが乾き始めたことからウエットタイヤからスリックタイヤに交換するマシンが続出。その中で、唯一1分40秒台に入れたデンソーSC430がトップ。以下、41秒台から42秒台前半に4台のSC430と3台のNSXが続く。GT-Rの最上位は9番手に入ったカルソニック。しかし、トップから1秒521のギャップ。他の4台のGT-Rは、12位から15位に連なり下位に沈んでしまった。

お昼ごろから日が出てきたFSW。15時10分から始まる予選2回目は、どうやらドライになる予想。鈴鹿、岡山とは打って変わって苦戦するGT-R勢。スーパーラップでカルソニックは順位を上げることができるのか?

→ 予選フォトギャラリーはこちら



■公式予選 1回目■10:00-11:00
天候:小雨 | コース:セミウェット >
GT500クラス/予選1回目
Pos. No. Car Driver Best Lap Diff Tire WH
139DENSO DUNLOP SARD SC430高木 虎之介
アンドレ・クート*
1'40.985162.666
km/h
DL

+2

232EPSON NSXロイック・デュバル*
平中 克幸
1'41.1150'00.130DL
318TAKATA 童夢 NSX道上 龍
小暮 卓史*
1'41.8840'00.899BS
435宝山 KRAFT SC430ピーター・ダンブレック*
片岡 龍也
1'42.0740'01.089BS
538ZENT CERUMO SC430立川 祐路*
リチャード・ライアン
1'42.0950'01.110BS
636PETRONAS TOM'S SC430脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー*
1'42.1750'01.190BS30
725ECLIPSE ADVAN SC430土屋 武士
石浦 宏明*
1'42.2450'01.260YH

+2

8100RAYBRIG NSX井出 有治*
細川 慎弥
1'42.4900'01.505BS

+1

912カルソニック IMPUL GT-R松田 次生*
セバスチャン・フィリップ
1'42.5060'01.521BS30
1017REAL NSX金石 勝智
金石 年弘*
1'42.6680'01.683BS

+1

111ARTA NSXラルフ・ファーマン
伊沢 拓也*
1'43.1810'02.196BS25
1224WOODONE ADVAN Clarion GT-RJ.P・デ・オリベイラ*
荒  聖治
1'43.2160'02.231YH

+1

1323XANAVI NISMO GT-R本山 哲*
ブノワ・トレルイエ
1'43.4630'02.478BS115
143YellowHat YMS TOMICA GT-Rロニー・クインタレッリ*
横溝 直輝
1'43.4990'02.514BS
1522MOTUL AUTECH GT-Rミハエル・クルム*
柳田 真孝
1'43.7770'02.792BS20
6ENEOS SC430伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム


BS

+1

※No.6 国際モータースポーツ競技規則付則H項違反により、当該セッション全ラップタイム抹消のペナルティを課す
GT500 予選1回目通過基準タイム(107%) : 1'59.069