今年からFIA GT1クラスに参戦するNISSAN GT-Rの主要スペックが判明した。
エンジンはSUPER GTのGT-Rよりも排気量が大きいV8 5.6LのVK56DEエンジン(NA)だ。
このレースカーのエンジンのベースとなっているVK56DEエンジンは、INFINITI QX、日産アルマーダ、タイタン、パスファインダーとおもに北米向けのピックアップトラックに採用されているものだ。
駆動方式はテクニカルレギュレーションに合わせ後輪駆動。
最高出力は、2010年のFIA GT1クラスのレギュレーションに合わせ600馬力に抑えられている。
写真は3月24日にフランスのポールリカールで行われたプライベートテスト時のもの。昨日、今日とポールリカールではFIA GTのメディアデーが開催されており、その画像も後ほどご紹介できる予定だ。

全長4730 mm
全幅2040 mm
ホイールベース2780 mm
トレッド(前)1670 mm
トレッド(後)1710 mm
車両重量1250kg (2010年規則による)
エンジン型式VK56DE
排気量5552 cc
最大出力600hp (2010年規則による)
最大トルク 650Nm 以上
クラッチ5.5"カーボントリプルプレート
ギアボックスリカルド 6速トランスアクスル
ブレーキ(前)6 ピストンキャリパー/カーボン製ディスク及びパッド
ブレーキ(後)6 ピストンキャリパー/カーボン製ディスク及びパッド
サスペンション(前)ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後)マルチリンク
駆動方式後輪駆動
ホイール(前)13.0J×18
ホイール(後)13.0J×18
タイヤ(前)31/71-18
タイヤ(後)31/71-18