7月4日、フランスのポールリカールサーキットで行われたFIA GT1世界選手権第4戦で、9番手からスタートしたSUMO POWER GTチームのミハエル・クルム/ピーター・ダンブレック組が猛烈なプッシュでNISSAN GT-Rを2位に導いた。この結果、SUMO POWER GTチームはチーム選手権部門でも2位に浮上した。本家本元の日本では不祥事続きの相撲だが、海の向こうでは快進撃を続けるSUMO POWER。今後のレースが俄然、楽しみになってきた。一方、日本人ドライバーとして注目を集める荒聖治はギヤボックストラブルでリタイヤした。それにしてもカラフルなコース。ドライバーの目が回らないのか心配になるほどだ。


【総合結果】
Pos Car Drivers Car Time Gap
1 1 Bertolini / Bartels Maserati MC12 1:00:30.245 0
2 23 Krumm / Dumbreck NISSAN GT-R 1:00:37.302 7.057
3 33 Heger / Margaritis Maserati MC12 1:00:54.878 24.633
4 40 Leinders / Martin Ford GT 1:00:56.454 26.209
5 13 Piccini / Hennerici Corvette Z06 1:00:59.915 29.67
6 11 Hezemans / Maassen Corvette Z06 1:01:06.069 35.824
7 5 Grosjean / Mutsch Ford GT Matech 1:01:16.423 46.178
8 22 Hughes / Campbell-Walter NISSAN GT-R 1:01:24.609 54.364
9 9 Makowiecki / Accary Aston Martin DB9 1:01:26.944 56.699
10 25 Zonta / Daniel Lamborghini Murciélago R-SV 1:01:27.471 57.226
15 3 Wendlinger / Moser NISSAN GT-R 1:01:48.025 1:17.780
23 4 Ara / Nilsson NISSAN GT-R 19:41.150 40:49.095

詳細はNISMOホームページで