7月31日、ベルギーのスパ・フランコルシャンで行われたFIA GT1世界選手権第5戦決勝は、Sumo Power GTの#23 NISSAN GT-Rが2位に浮上する大躍進を見せたが、チェッカーフラッグが振られるわずか2分前にリタイア。一転して悲劇の結末を迎えた。ピーター・ダンブレック(英国)とミハエル・クルム(ドイツ)がほぼつかみかけていた3戦連続表彰台の記録は、実現できなかった。


【総合結果】24laps
Pos Car Drivers Car Time Gap
1 25 Zonta / Kechele Lamborghini Murciélago R-SV 01:01:02 0
2 33 Heger / Müller Maserati MC12 01:01:06 3.253
3 5 Westbrook / Mutsch Ford GT Matech 01:01:09 6.675
4 2 Bernoldi / Ramos Maserati MC12 01:01:09 7.074
5 9 Makowiecki / Accary Aston Martin DB9 01:01:10 7.936
6 7 Enge / Turner Aston Martin DB9 01:01:11 8.274
7 1 Bertolini / Bartels Maserati MC12 01:01:12 9.741
8 34 Longin / Verdonck Maserati MC12 01:01:13 10.591
9 38 Pastorelli / Schwager Lamborghini Murciélago R-SV 01:01:13 10.784
10 10 Hirschi / Piccione Aston Martin DB9 01:01:16 13.921
11 22 Hughes / Campbell-Walter NISSAN GT-R 01:01:17 14.140
12 3 Wendlinger / Moser NISSAN GT-R 01:01:17 14.346
16 4 Ara / Nilsson NISSAN GT-R 01:01:26 23.695
18 23 Krumm / Dumbreck NISSAN GT-R 00:56:20 2Laps

詳細はNISMOホームページで