9月19日、ポルトガルのアルガルブサーキットで行われたFIA GT1世界選手権第7戦の決勝レース。前日の予選レースで優勝を果たしたSumo Power GTの#23 NISSAN GT-R(ミハエル・クルム(ドイツ)/ピーター・ダンブレック(英国))は、4位入賞をゲット。この結果、Sumo Power GTはチーム選手権で3位浮上した。

ポールポジションからスタートした#23 NISSAN GT-Rのピーター・ダンブレック(英国)は、前日の好調を維持しながら首位を守りきり、後半戦をミハエル・クルム(ドイツ)に託しドライバーチェンジ。ところが、今回のドラマはピット作業に発生。タイヤ交換の際のインパクトレンチからエアが漏れるという不運が発生し、首位の座を失ってしまった。それでもクルムは果敢にアタックし4位の座をゲット。次戦に有利なポジションに導いた。



【総合結果】
Pos Car Drivers Car Time
1 1 Bertolini / Bartels Maserati MC12 1:00:19.722
2 5 Mutsch / Westbrook Ford GT Matech +1.402
3 13 Hennerici / Margaritis Corvette Z06 +15.482
4 23 Dumbreck / Krumm NISSAN GT-R +24.623
5 40 Martin / Leinders Ford GT +31.945
6 9 Makowiecki / Clairay Aston Martin DB9 +32.483
7 24 Kox / Haase Lamborghini Murciélago R-SV +32.850
8 25 Kechele / Menten Lamborghini Murciélago R-SV +34.845
9 33 Heger / Müller Maserati MC12 +41.948
10 7 Turner / Enge Aston Martin DB9 +43.495
18 4 Ara / Nilsson NISSAN GT-R +2Laps
20 3 Wendlinger / Moser NISSAN GT-R +3Laps
22 22 Campbell-Walter / Hughes NISSAN GT-R +33Laps

詳細はNISMOホームページで