8月29日、FIA GT1世界選手権の第6戦がGT-Rの聖地ドイツ ニュルブルクリンクで行われた。ただし、ロードカーのタイムアタックで馴染み深いオールドコースではなくグランプリサーキットだ。今回のレースは天候が目まぐるしく変わる中で行われ、マシンのセットアップに苦戦したようだ。そんな中、Sumo Power GT の#22 NISSAN GT-R、ジェイミー・キャンベル・ウォルター(英国)/ウォレン・ヒューズ(英国)組は、GT-R勢最上位の8位でフィニッシュ。またSwiss Racing Teamの#3 NISSAN GT-R、カール・ヴェンドリンガー(オーストリア)/ヘンリ・モサー(スイス)組が10位をゲット。後半戦に向け、貴重なポイントをゲットした。



【総合結果】
Pos Car Drivers Car Time Gap
1 7 Turner / Enge Aston Martin DB9 1:00:59.709 0
2 24 Kox / Haase Lamborghini Murciélago R-SV 1:01:09.256 9.547
3 13 Hennerici / Margaritis Corvette Z06 1:01:12.727 13.018
4 10 Piccione / Hirschi Aston Martin DB9 1:01:13.891 14.182
5 8 Nygaard / Mücke Aston Martin DB9 1:01:14.818 15.109
6 1 Bertolini / Bartels Maserati MC12 1:01:16.201 16.492
7 9 Makowiecki / Clairay Aston Martin DB9 1:01:19.634 19.925
8 22 Hughes / Campbell-Walter NISSAN GT-R 1:01:24.543 24.834
9 34 Longin / Pier Guidi Maserati MC12 1:01:24.807 25.098
10 3 Wendlinger / Moser NISSAN GT-R 1:01:40.143 40.434
15 23 Krumm / Dumbreck NISSAN GT-R 1:01:55.959 56.250
21 4 Ara / Nilsson NISSAN GT-R 1:02:51.377 1:51.668

詳細はNISMOホームページで