10月24日(日)、スーパーGTシリーズの最終戦がツインリンクもてぎ(栃木県、一周4.801km)で行われた。前回の第7戦・富士は、台風の被害により中止。チャンピオン争いは最終戦のもてぎrdに持ち込まれ、32,000名もの観客が最終戦を見守った。注目のシリーズタイトルの行方は、上位9台が名乗りをあげている。GT-R勢では#12 カルソニック IMPUL GT-Rがトップと11点差、#23 MOTUL AUTECH GT-Rがトップと14点差。2台は逆転チャンピオン獲得を目指す。

前日の予選結果では、#12 カルソニック IMPUL GT-Rが4番手。#23 MOTUL AUTECH GT-Rが9番手。そして#24 HIS ADVAN KONDO GT-R
は7番グリッドからのスタートだ。結果は#12 カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が5位入賞。#23 MOTUL AUTECH GT-R(本山哲/ブノワ・トレルイエ)が8位、#24 HIS ADVAN KONDO GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/安田裕信)が10位と、GT-R勢は全車10位以内完走となったがシリーズタイトル奪還まではおよばなかった。

一方、GT300クラスでは、ポールポジションスタートの#3 TOMICA Z( 星野一樹/柳田真孝)が、ポールトゥフィニッシュを果たした。この結果、2010年SUPER GT GT300部門のドライバーチャンピオン、チームチャンピオンを共に手に入れた。


決 勝 天候:晴 | コース:ドライ
GT500クラス/決勝結果
Pos. No. Car Driver Time/Diff. Laps Tire WH
11PETRONAS TOM'S SC430脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
1:37'19.52553BS
218ウイダー HSV-010小暮 卓史
ロイック・デュバル
0'00.32653BS
317KEIHIN HSV-010金石 年弘
塚越 広大
0'15.32753BS
435MJ KRAFT SC430石浦 宏明
大嶋 和也
0'15.70653BS
512カルソニック IMPUL GT-R松田 次生
ロニー・クインタレッリ
0'32.32653BS
6100RAYBRIG HSV-010伊沢 拓也
山本 尚貴
0'32.96253BS
78ARTA HSV-010ラルフ・ファーマン
井出 有治
0'36.22353BS
823MOTUL AUTECH GT-R本山 哲
ブノワ・トレルイエ
0'44.19653MI
932EPSON HSV-010道上 龍
中山 友貴
0'50.84153DL
1024HIS ADVAN KONDO GT-RJ.P・デ・オリベイラ
安田 裕信
1'05.17753YH
1139DENSO DUNLOP SARD SC430カルロ・ヴァンダム
平手 晃平
1'11.00953DL
126ENEOS SC430伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
1'16.86253BS