11月27日、FIA GT1世界選手権第9戦がブラジル サンパウロにあるインテルラゴ ス・サーキットで行われた。地球の反対側のブラジルは夏。晴天に恵まれ酷暑の中での決勝レースとなった。このため路面温度は高く、各チームはタイヤマネジメントに苦しむ。予選2位のSumo Power GTのピーター・ダンブレック(英国)/ミハエル・クルム(ドイツ)組 は、6位 でフィニッシュ。Swiss Racing Teamの荒聖治/マックス・ニルソン(スウェーデ ン)組は16位、カール・ヴェンドリンガー(オーストリア)/ヘンリ・モサー(スイ ス)組は18位。そして、もう1台のSumo Power GTは、残念ながらレース中盤でリタイヤした。





【総合結果】
Pos Car Drivers Car Time
1 2 Bernoldi / Negrao Maserati MC12 1:01:23.296
2 7 Enge / Turner Aston Martin DB9 +2.348
3 13 Hennerici / Margaritis Corvette Z06 +5.874
4 10 Piccione / Hirschi Aston Martin DB9 +6.077
5 40 Martin / Leinders Ford GT +9.060
6 23 Dumbreck / Krumm NISSAN GT-R +10.574
7 38 Schwager / Pastorelli Lamborghini Murciélago R-SV +11.367
8 6 Jani / Armindo Ford GT Matech +22.358
9 1 Bertolini / Bartels Maserati MC12 +22.925
10 33 Heger / Müller Maserati MC12 +23.225
16 4 Ara / Nilsson NISSAN GT-R +1:11.191
18 3 Wendlinger / Moser NISSAN GT-R +1:34.780
21 22 Campbell-Walter / Hughes NISSAN GT-R +23:02.866

詳細はNISMOホームページで