4月10日、FIA GT1世界選手権第2戦はベルギーのゾルダー・サーキットで行われた。荒れ模様の第2戦は、なんとNISSAN GT-R 3台が決勝レース序盤にリタイア。3台は予選レースでもアクシデントに見舞われ、いいとろなくレースを終了。しかし予選レースでフィニッシュを果たしていた#23 JRM Racingのドイツ人コンビ、ミハエル・クルム/ルーカス・ルアー組がNISSAN勢最上位となる9位、選手権ポイント2を獲得した。