スーパーGT第6戦富士が9月10日(土)~11日(日)に静岡県の富士スピードウェイで開催された。

いよいよ終盤戦に入ったスーパーGTシリーズ。今季好調のGT-R勢、富士スピードウェイでの活躍も期待される。各車のウェイト状況は、シリーズトップの#46 S Road MOLA GT-R(シリーズ1位):100kg、同3位 #23 MOTUL AUTECH GT-R(シリーズ3位):68kg、同4位 #12 カルソニック IMPUL GT-R(シリーズ4位)):62kg、そして#24 ADVAN KONDO GT-R:46kgとなっている。

予選では、100kgのウェイトをものともしない#46 S Road MOLA GT-Rがスーパーラップに進出し7番グリッドを確保した。以下、11位#23 MOTUL AUTECH GT-R、12位#24 ADVAN KONDO GT-R、13位#12 カルソニック IMPUL GT-Rというオーダーで決勝をスタートする。

決勝当日は曇り。路面はドライ。予選13番手からスタートした#12 カルソニック IMPUL GT-Rのオリベイラは猛烈にプッシュ。14周目には5位までジャンプアップし、そのまま27周目で松田にバトンタッチ。コースに復帰した時点で4位にポジションをアップし、松田も星野監督が絶賛する走りで見事2位でチェッカーを受けた。

ポイントリーダーの#46 S Road MOLA GT-Rは7位でフィニッシュ。ポイントを追加しシリーズリーダーの位置を守った。



決 勝 天候:曇 | コース:ドライ
GT500クラス/決勝結果
Pos. No. Car Driver Time/Diff. Laps Best Lap Tire WH
138ZENT CERUMO SC430

LEXUS SC430 / RV8KG

立川 祐路
平手 晃平
1:30'47.525551'36.730BS30
212カルソニック IMPUL GT-R

NISSAN GT-R R35 / VRH34B

松田 次生
J.P・デ・オリベイラ
0'25.468551'36.958BS62
317KEIHIN HSV-010

Honda HSV-010 GT / HR10EG

金石 年弘
塚越 広大
0'25.573551'36.986BS60
41ウイダー HSV-010

Honda HSV-010 GT / HR10EG

小暮 卓史
ロイック・デュバル
0'31.496551'37.108BS88
5100RAYBRIG HSV-010

Honda HSV-010 GT / HR10EG

伊沢 拓也
山本 尚貴
0'50.303551'37.511BS46
623MOTUL AUTECH GT-R

NISSAN GT-R R35 / VRH34B

本山 哲
ブノワ・トレルイエ
0'54.022551'37.356BS68
746S Road MOLA GT-R

NISSAN GT-R R35 / VRH34B

柳田 真孝
ロニー・クインタレッリ
1'01.088551'36.997MI100
839DENSO SARD SC430

LEXUS SC430 / RV8KG

石浦 宏明
井口 卓人
1'05.593551'36.513MI52
935D'STATION KeePer SC430

LEXUS SC430 / RV8KG

脇阪 寿一
アンドレ・クート
1'11.131551'37.252BS10
106ENEOS SUSTINA SC430

LEXUS SC430 / RV8KG

伊藤 大輔
大嶋 和也
1'12.640551'37.087BS54
1124ADVAN KONDO GT-R

NISSAN GT-R R35 / VRH34B

安田 裕信
ビヨン・ビルドハイム
1'12.696551'37.351YH46
1232EPSON HSV-010

Honda HSV-010 GT / HR10EG

道上 龍
中山 友貴
1'14.997551'37.446DL24
1319WedsSport ADVAN SC430

LEXUS SC430 / RV8KG

片岡 龍也
荒 聖治
1'34.041551'37.563YH28
148ARTA HSV-010

Honda HSV-010 GT / HR10EG

武藤 英紀
小林 崇志
4Laps511'37.147BS14
1536PETRONAS TOM'S SC430

LEXUS SC430 / RV8KG

アンドレ・ロッテラー
中嶋 一貴
7Laps481'37.225BS56
GT500 規定周回数:38