チャンピオンS Road REITO MOLA GT-Rが猛追して2位に


 2012 AUTOBACS SUPER GT『MOTEGI GT 250KM RACE』の決勝レースが、10月28日、栃木県・ツインリンクもてぎ(1周4801m×52周)で行われた。お昼前から雨が降り出す難しい状況の中、開幕戦を制したZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)が、今季連覇を果たしたS Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ組)を振り切って優勝した。

 お昼前から降りだした雨は路面を濡らし、ウエット状態となった。この週末、初の雨で各車、雨用の車両セッティングとタイヤ選択はぶっつけ本番となり、ドライバーとしては滑りやすく、難しい状況でのレースとなった。
 スタートではポールポジションのZENT CERUMO SC430の平手晃平が好スタートを切り、後続を引き離していく。その後方ではNISSAN GT-RやHonda HSV-010 GTによる雨中の激しいバトルが行われていた。そこから抜け出してきたのが、前戦でGT500クラス連覇を決めたS Road REITO MOLA GT-R(ロニー・クインタレッリ)で、レースはこの2台の一騎打ちの展開となる。レース終盤にはZENT CERUMO SC430の立川祐路の背後に、S Road REITO MOLA GT-Rの柳田真孝が迫り、テール・トゥ・ノーズの激しいバトルを滑りやすい路面の中、10周近く繰り広げる。最終ラップのゴール目前まで続いた激闘だったが、立川が柳田をわずか0.138秒差で抑えきり、フィニッシュ。ZENT CERUMO SC430は、開幕戦以来の今季2勝目を挙げ
た。
 立川はGT500通算14勝目、平手は3勝目。LEXUS SC430は今季8戦中4勝を挙げ、最多勝利車種となった。