【J-ing】
エンジンチューニングに定評のあるジーイングテクノエンジニアリングは、通勤仕様のR34 GT-Rを出展。GT-SSタービンを使用し中低速領域での扱いさを追求したチューニングを提案。


ジーイングwebサイト

【M7-JAPN】
R35 GT-Rをベースにしたコンプリート予定マシン「M7GODZILLA」を公開。スリーブ入りの4・0リッターキットなど、チューニング界のニューウェイブ。海外プレスの注目も集めていた。


M7-JAPAN webサイト

【MCR】
MCRは、2.8リッター仕様のR34を出展。GT-RSタービンをツインで装着。ストリートからサーキット、ゼロヨンもこなす万能アスリート。それでいて快適装備も備えている。


MCR webサイト

【MIDORI】
ミドリ整備センターは2台のGT-Rを展示。R35 GT-Rは主流のブーストアップ仕様。R34 GT-Rは、これまた主流の2.8リッター仕様だ。どちらもトータルバランスを追求している。


MIDORI webサイト

【ノルドリンク】
ご存知、R35 開発ドライバー鈴木利男氏の新ショップ。日産公認エアロパーツは、装着してもメーカー保証が継続される。空力性能、冷却性能、そしてデザイン性を追求したカーボンパーツは必見。


NordRing webサイト

【ペントルーフ】
最高速マシン造りでは知る人ぞ知るペントルーフ。あえて2.6リッターのまま、300km/hまでの到達時間を短くした仕様にトライ。タービンはT78を採用。ブーストは1.6kgというもの。


PentRoof webサイト

【パワーエンタープライズ】
R35 GT-Rのパーツ関係を充実させてきたパワーエンタープライズ。純正ターボをリーズナブルにハイフロー加工するハイフローパックなどを提案。


PowerEnterprise webサイト