マカオGP参戦のR35 GT-RがFSWテスト

10月12日、11月に行われるマカオGP「Macau Road Sport Challenge」に参戦予定のR35GT-Rのテストが富士スピードウェイで行われた。マシンは、香港のチューニングショップ「TOP RACING」が製作したもので、HKS本社の協力によりさらにチューニングの熟成度が増している。

マカオGP「Macau Road Sport Challenge」は、FIA規定のツーリングカーレースではなく、チューニングカーのレース。そのため、一見するとスーパー耐久マシンのようにも見えるが、スーパー耐久では交換が許されていないフロントフェンダーや左右ドアまでカーボン化されている。タイヤはスーパー耐久用のアドバンのスリックタイヤを装着。ブレーキはノーマルのブレンボからアルコンのキャリパーに交換されていた。

「TOP RACING」の公式サイトによると、エンジンはGT800キットがインストールされ、H断面のコンロッドを使用。タービンは新しい左右対称のGT-Ⅱタービンに交換されているという。最高出力800ps、最大トルク100kgmのモンスターマシンだ。

FSWテストに先駆けて行われた10月6日の仙台ハイランドのテストでは、本番ドライバーも務める織戸学選手がドライブ。1分51秒60のタイムをマークしたという。

FSWでのテストでも織戸選手がドライブ。スポーツ走行の時間帯ながら、HKSのスタッフと横浜ゴムのスタッフが付きっきりでテスト。最後のチェック走行ということで、淡々とラップを重ねていた。たまたま、その場に居合わせたGT-R開発チームのノバ・エンジニアリングのスタッフも、テストの模様を見つめていた。


今年の「Macau Road Sport Challenge」には、合計4台ものR35GT-Rがエントリー。ライバルは、NSX、ランエボ、インプレッサなどの日本車が大勢を占める。中には、レクサスGS450hハイブリッドのようなマシンもエントリーしているのがマカオGPらしい。

「Macau Road Sport Challenge」は11月19日に予選、20日に決勝(10周)が行われる。



Macau Road Sport Challenge
エントリーリスト
http://gp.macau.grandprix.gov.mo/gp/57/subpage.php?id=2190&lang=en

マカオGP
11月18日-21日

http://gp.macau.grandprix.gov.mo/

TOP RACING(香港)
http://www.topracing.com.hk/www_contents/gtr_page.aspx

2009 Macau Road Sport Challenge ビデオ
http://gp.macau.grandprix.gov.mo/mgpc/video.php?lang=en&year=2009&page_no=1&cid=222