360Forged/ASR Engineeringが、SEMA2008で展示するチューンドR35GT-Rの画像を公開しました。
360Forgedはアルミホイールのメーカーで、このGT-Rにはなんと22インチ(!)の5スポーク鍛造アルミホイールが装着されています。
左サイドはポリッシュドリム、右サイドはブラック/ガンメタで仕立て上げられ、1台で異なるテイストを見ることができます。
そして、ひときわ目を引くのは、リヤのセンター出しマフラー。
ASRのオリジナルで、左右のスペースにはオイルクーラーのコアらしきものが見えるような。
エンジンルームにもASRのハードパイプキットを中心に手が加えられています。クランプはアルマイト塗装、ブローオフバルブ、インテークコレクターなどのポリッシュ、ホース類はメッシュホースに、など、エンジンルームはピカピカです。
タイヤはNITTOタイヤを装着しています。

22インチホイールを装着したGT-R。アメリカならではですね。
この車両は、NITTOタイヤブースに展示されます。