当サイトでもお馴染みのプロストックが、ちょっと気になるR32を開発した。
何が気になるかと言うと、独自のチューニングを施したRB26が注目だ。

2.8リッターにスケールアップされたRB26に、HKS製TO4Zタービンを装着。ここまではよくあるシングルタービンのチューニング。だが、これをZ32用エアフロメーターをツインで装着し、BNR32純正ECUで制御している点が興味深い。

通常シングルターボにする場合、エアフロメーターは使用しないDジェトロと呼ばれる方式の制御を採用する場合が多いのだ。したがって、純正ECUの書き換えを行わずフルコンピューターシステム(HKS F-CONなど)による制御を行うのが一般的である。より出力を稼ぎ出すためにエアフロメーターなどの僅かな空気抵抗を嫌うことによるものらしい。

一方、エアフロメーターを使う純正ECUのメリットは、標高差や気圧、温度といった外的要因に左右されることなくエンジンを制御できる点にある。メーカーが膨大なコストと時間をかけて開発しただけに、様々な条件下でも常に安定した性能が出せるロジックが組み込まれているのだ。

プロストックが開発したR32 GT-Rは、ストリートにターゲットを定め、シングルターボながらもノーマルに近い扱いやすさを狙ったという。プロストックの神代表は「始動性はもちろん標高や温度差に影響されない使いやすさを目指したんです。そのために純正エアフロ、純正ECUで制御しました。コンサルトを使って故障診断ができるのもメリットです。たぶん、業界初の試みじゃないですか」と語る。

同社では、このデモカーで得られたデータはお客様にフィードバックできるよう極力スペシャルなパーツは使っていない。ガソリンタンクもノーマルを使っているほどだ。

エンジンは、HKSの2.8リッターキット“STEP 2”を組み込み、同じくTO4Zという大きなシングルターボを装着。カムシャフトはインテーク、エキゾーストともに272°リフト10.1というスペックを採用、エキゾースト側のポートは拡大した。これを前述のようにツインエアフロのR32純正ECUで制御している。この結果、ブースト1.47で最大出力693ps/8200rpm、最大トルク75.4kgm/5600rpmという特性となった。特に3900rpmから59kgmというトルクを発生しているため、非常に乗りやすい仕様になったと神代表は嬉しそう。とはいえメインECUのマッチングには苦労したようで「結構、大変だったんですよ」と担当の望月氏は笑う。

このエンジンに組み合わせるミッションもBNR34純正のゲトラグ製6速。ファイナルギヤ比は4.111のBNR32ノーマルだ。


ボディは、溶接増しなどの補強は一切しておらず、ロールケージのみでの剛性アップに留めている。軽量化も行っておらずドアもノーマルのまま。ただし冷却性能向上のためにダクト付ボンネットを装着した以外はすべてノーマルの外観。車体重量も1430kgと、けっして軽いクルマではないのだ。「R32はノーマルボディが一番ですよね。ダウンフォースを稼ぐために何かやりたくなりますが、やはり外観はノーマルにこだわりたい」と神代表。

サスペンションはオーリンズDFVにフロント18kg/リヤ16kgというスプリングの組み合わせ。アーム類は全てイケヤフォーミュラ製に交換してある。ブレーキはフロントにブレンボ製6POT、リヤは同じく4POT。ローターはフロントφ380、リヤφ345の組み合わせだ。タイヤはADVAN A050 でサイズは265/35-18を前後にはく。装着するホイールはRAYS製TE37。


プロストックでは、このR32で筑波サーキット58秒台。さらに、ゼロヨンでもそこそこの速さを併せ持つ万能アスリートを目指すとのこと。楽しみなR32 GT-Rの登場である。

Prostock Racing
〒341-0037 埼玉県三郷市高州1-253
TEL048-948-0774
FAX048-948-0775
URL: www.prostock.co.jp