海外のGT-Rサイトをチェックしていたところ、
なんと新型GT-Rのサスキットが出ているではないか。
あまりの早さに驚き、詳細を調べてみたところ、このサスキットは
岡山のチューナー「サンライン レーシング」のものであることが判明。
やはり出処はJAPANだったのである。

Text: Shunsuke Takeuchi
Photo: Sunline Racing



サンラインレーシング」と言えば、Z33で行われているチューナーズバトルZ-MASTERにも参戦しており、2007年のNISMOフェスティバルにも当然のことながら参加していた。特に、サスペンション系に力を入れているようで、Z33についてもサンライン オリジナルの通好みのパーツがラインナップされている。その視点は、常にユーザーサイドに立ったものとして、国内はおろか、海外での評判もかなり高いようだ。

さて、話を戻して新型GT-R用のサスキットについて、同社に問い合わせてみた。
サスキットの名称は、SLR Trace Suspension Kit(エスエルアール トレースサスペンションキット)
まだ試作品のようで販売時期については未定。
価格は、50万前後を予定しているとのことだ。
気になるスペックは
○前後30段減衰力調整式
○全長調整式
同社の佐藤社長によれば
「あまり知名度はありませんが自慢の一品です。弊社S15シルビアが
筑波で57秒を記録したのもこのサンラインオリジナルショックのお陰です」とのこと。
新型オーナーならば気になるところだろう。

写真のGT-Rについては東京オートサロンにも出展するそうだ。ただし、GT-Rはアルミホイールで有名なワークのブースに展示してあるとのこと。気になる方はワークブースでチェックだ。

また、残念ながら東京オートサロンには間に合わないが、サロン明けにはマフラーをリリース予定とのこと。今回GT-Rマフラーのためにわざわざ型をおこして作ったテールはチタンの2重管で120φ斜めカットという珍しいタイプ。佐藤社長が「GT-Rの車格に合わせたジェントルなテールという意味で「Gテール」と言います」と言うだけあってこちらも期待大だ。

新型オーナーは、今年、岡山方面もチェックしたほうが良さそうだ。

http://sunline-racing.com/top.html