夏がクルマにとって厳しい季節であるということは、クルマ好きなら誰しも知っていること。とくに第二世代GT-Rオーナーなら、それは身をもって体験していることだろう。
そこで、GTR-WORLD.netでは、夏を迎える前にRB26DETTのクーリング対策を特集。さらに、全国のチューナーに協賛していただき、「RB26DETTを冷やせ!!」とサマーキャンペーンを展開。読者限定の特価&特別メニューもご用意。

Text/Photo: GTR-WORLD.net


RB26DETT冷却系メンテナンス指南
Vol.1 高温に耐える化学合成オイル使用が常識

 RB26DETTエンジンは、グループAレースでの使用を前提に設計されていたので、ストリートで使うには非常にタフなエンジンだ。しかし、弱点がないわけではない。その数少ないウィークポイントの一つが、大容量の空冷式オイルクーラーを標準装備していないので、サーキット走行や夏場の高速連続走行で油温が上昇しやすいということ。
 このサイトの読者なら当然知っていることと思うが、N1ベース仕様を除くノーマルのRB26DETTエンジンには申し訳程度の水冷式オイルクーラーしか搭載されていない。そのためR32GT-Rの時代から、色々なメーカーからアフターパーツとして空冷式オイルクーラーが発売されてきた。純正オプションで空冷式オイルクーラーが用意されたのは、R33GT-Rの後期型から。
 RB26DETTエンジンで夏を迎える前にまず必要なのが、エンジンオイルの交換だろう。通勤やドライブ等の完全なストリートユースなら、最近の高性能な化学合成オイルだと交換サイクルは6ヶ月もしくは5000kmの早いほうで十分だが、本格的な夏を迎える前にオイル交換するのがおすすめ。5W-60、5W-50、10W-50、0W-40といった粘度の化学合成オイルが、RB26DETTエンジンには向いている。
新車時に充填されていた純正オイルは、7.5W-30のSG級ターボ用と拍子抜けしそうなほどの普通のオイル。ちなみに、R35GT-Rに使用する純正指定のモービル1は0W-40だ。

GTR-WORLD.net特集「RB26DETTを冷やせ!!」
読者特典あり!! 詳しくは各ショップのページへGO!!
 協賛ショップ
 ●HKS九州サービス
 ●HKS関西サービス
 ●マインズ
 ●緑整備センター(Coming soon)