MCRのR35GT-Rデモカーに試乗。このデモカーに装着された最新アイテムが、MCRオリジナルのパドルシステム。ノーマルのパドルシフトは、ステアリングコラムに固定されているので、回り込んだコーナーの途中でシフト操作しにくい場合がある。MCRの小林代表は、R35GT-Rに初めて乗ったときから気になったという。そこで開発されたオリジナルのパドルシステムは、F1マシンやBMW M3(E46)のSMG-Ⅱと同じく、ステアリングと一緒に回るのだ。その動きを映像でじっくり見て欲しい。

Video: GTR-WORLD.net


また、FSWや筑波などのサーキットやストリートでの実走テストを重ねてきたオリジナルのサスペンションがいよいよ完成。スプリングレートはフロント14kg、リア12kg。この数値から、かなりハードな乗り味を想像したが、その予想は見事に裏切られた。乗り心地は、ノーマルよりもはるかに良く、スムーズに動くサスペンションに仕上がっている。そのしなやかな動きも映像に現れている。

Link: 記事:MCR R35GT-R テストドライブ



このビデオの埋め込み用タグ: